LINEスタンプクリエイターだけが知る裏側

昨日、LINEスタンプ「ニャンジャ」を発売して、たくさんの方に買って頂けた。

ありがとうございます。

色んな種類のスタンプがあることを、もっとアピールしたくてこんな画像を作成。
こういうのも、スマホの無料アプリだけでサクッと作れるという、ええ時代!

LINEスタンプの作者になると、スタンプの売上だけでなく、
「前日までにどのスタンプが、何回使われたか?」
まで知ることが出来る。

ちなみに、昨日1番使われた「ニャンジャ」はコチラ。
「おやすみ」を送る相手のいる人が多いということは、嬉しいことだ。

データとして手に入るのは、「送信回数」と「受信回数」の2種類。

「そんなもん、どっちも同じ回数やろ?」

と一瞬思ったが、実は違う。
例えば、5人居るLINEグループで使用した場合、「送信回数」はプラス1だが、「受信回数」はプラス4される。
つまり、グループで使われやすいスタンプを把握することも出来るということだ。

こういうデータも、2作目以降に活かして行きたい。


そんな「ニャンジャ」スタンプを、どうぞよろしくお願いします^ ^