成功者はステップ上手

ホップ、ステップ、ステップ!

飛べなくてもええんやで。


ホップ、ステップ、ときたら、ジャンプというのがセオリーやろう。

「成功」みたいに抽象的な言葉がチヤホヤされとるから、大きく飛ぶことが大事なように錯覚する。


けど、一般的に「成功者」と呼ばれるような人たちは、自分の場所から遠くにいるように見えるから、「ジャンプ」でもしたのだろうと思いがちだが、ほとんどの人が小さな「ステップ」を積み重ねてその場所にいる。

「ステップ」と「ストップ」は一文字違いで、つまずいたら止まってしまうけど、止まってもまた助走し始めたらええだけだ。なんやったら助走の方が、一歩は短いがスピードは速い。

でも助走ばっかりやと疲れるから、「ホップ」で進もう。なんか楽しそうやし。


かくいう僕は、ホップ、ストップ、ストップやけど。。。