ユーザー車検て実際どうなん?をレポート

軽自動車のユーザー車検に行ってきました。自分で車検場に持ち込むのは2回目。簡単な流れと必要書類、かかった費用を紹介します。

まずは、準備する書類。


<必要書類>

・車検証

・自賠責保険証明書

・軽自動車税の納税証明書


車検証や自賠責の紙はたいがい車に積んだままだと思いますが、最後の納税証明書は要注意。僕は、初めてユーザー車検に行こうとした時、この書類を捨ててしまっていたので、市役所で再発行しました。

この納税証明書、コンビニなどで支払った時に返却されるやつです。

紛失した場合は、納税地である役所に行けば再発行してもらえますので、前もってチェックしておく事をオススメします。


書類の確認ができたら、まず予約を入れます。

「軽自動車検査予約システム」でアカウント登録し、検査を受ける場所、日時を予約します。1回目はこんなシステムはなかったので、最近できたのかも知れません。予約が完了したら、メールで予約番号が送られてきますが、現地で聞かれることはありませんでした。車体番号(車のナンバー)で管理しているのかも知れません。


検査当日、車検場へ。

上記必要書類を持って、まずは受付を済ませます。

自賠責保険の更新、重量税の納付を行い、検査手数料を納めます。申し込みに必要な書類(現場にある)を記入し、全てをまとめて窓口へ。不備などがあれば丁寧に教えてくれます。


僕は、24ヶ月点検をまだ受けずに、そして受けなければならない事を知らずに行ったので、その説明を受けるのに多少時間がかかりました。24ヶ月点検は、車検の前でも後でもどっちでも良いようですが、前もって受けておくとスムーズかと思います。実際のところ、24ヶ月点検を受けずに走っているドライバーも結構いるみたいで、受ける義務はあるものの罰則はないみたいです。ただ、人の命に関わる事なので、僕もこれから受けようと思います。


受付を済ませたら、車に乗り込み、車検場へのレーンに並びます。大阪府和泉市の場合は、3レーンまでありました。どのレーンに並ぶかは自由。だいたいどのレーンも同じ台数が並んでいます。


1回目とは違い、今回は比較的空いていたので15分ほどで自分の番が回ってきました。検査場の中を通り抜けながら、順番にいろんな検査を受けていく感じです。


まずは、ヘッドライトやハザードなどランプ類の確認。

自分は乗ったまま、検査員の指示に従ってライトを付けたり消したりします。ワイパーの作動チェックもここで行います。

初めてユーザー車検に行った時、ここでウォッシャー液が出なくて、めちゃくちゃ焦りました。その時は、ウォッシャー液の給管チューブの先端が劣化して破れていたので、破損部分を無理やり噛みちぎって対応したのを覚えています。

皆さんは、事前にしっかり確認しておきましょう。


次は、一旦降りてボンネットを開け、検査員に見てもらいます。僕がオドオドしていたからか、「初めて?」と聞かれ、2回目だという旨を伝えると、案内役の職員さんをつけてくれました。

車検を受けに来ているのは、ほとんどがつなぎを着た車屋のおっさんなので、初めて行く人はドギマギするかも知れませんが、きちんと慣れていない事を伝えればフォローしてもらえます。


案内員さんに従って、排ガス検査(検査の棒をマフラーに突っ込む)、ブレーキ検査と順に進みます。最後に、リフトで車を持ち上げられ、車体の底部分を確認してもらって検査終了。


検査自体もスムーズに行けば15分ほどで終わります。今回は混んでいなかったので、受付含め1時間ほどで全て完了し、無事車検証とシールをゲットしました!


今回の車検でかかった費用は、


・自賠責保険料  2万5070円

・重量税       6600円

・検査手数料     1400円

・検査用紙代       30円

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

合計       3万1840円


でした。ただし、24ヶ月点検の費用が含まれていないので、なんとも言えません。点検を受けて必要箇所を直したら、それなりにかかってくるでしょう。

まぁ代行手数料は不要なので、僕みたいに暇で、なんでも経験してみたい人には良いのかも知れません。

車検は自分で行くとしても、やはり点検は専門家に行ってもらうのが無難でしょう。


今回はチェックされませんでしたが、1回目の時は発煙筒の使用期限をチェックされました。その時まで、あれに使用期限があるなんて知らなかったのですが、検査場所によっては調べられることもあるみたいなので、発煙筒も前もって調べておきましょう。


ウォッシャー液や、ヘッドライト、ウインカー、ブレーキランプは自分でも確認できるので、車検に行く前に一度チェックしておかれる事をオススメ致します。


車検をパスした帰り道、意気揚々と車を走らせながら、風で揺れる女子高生のスカートに目を奪われ、危うくネズミ捕りの警官を見逃すところでした。


皆さん、本日もご安全に^o^