ピュアさとエロのコインロッカー

「大人になると純粋さや柔軟性がなくなる。」とよく聞く。では、どこに消えてしまったのか?

「遠足で行った奈良公園で落としてきたのか?」
「小2の夏、みんなで行った海水浴場のロッカーに忘れたのか?」

僕は、落としたり、消えてしまったのではないと思う。
色んな常識とか、世間体、あの人の意見、妬みやしがらみ、色んなもんがひっついて、埋もれてしまって見えへんようになってるだけやろう。

やから、それを取っ払ったら見えてくる。
「旅に出て、大切なものを思い出す。」
というのは、まさにこれやろう。旅先で新しいものを見て、確かに得るものもあるけど、これまでの常識をそこで手放すことが出来るから、隠れていた「大切な何か」が見える。

新しい情報とかお土産をどっさり持って帰っるのも1つの楽しみやけど、「何かを手放しに行ける」というのが旅の醍醐味やろう。

そして、それは旅だけじゃなく、新しいことに挑戦したり、今までとは違う人に出会うことも同じだ。
その時に、何かを「得る」ことだけじゃなく、「手放す」という意識も持てたら、今まで蓄積してきたものに埋もれてしまっていた「何か」が見えるようになるのかも知れない。

少しでも純粋な気持ちを思い出そうと、懐かしの砂浜へ探しに出ても、ビキニばっかり探してしまう僕は、核心に近づくどころか遠ざかる一方である。