雑草魂

「雑草魂」
雑草のように、逆境にもめげない不屈の精神。


そんな強さって、一部の選ばれた人だけが持つものなのだろうか?

逆境に揉まれて、ストレスに耐え、鍛えることで手に入る精神力なのか?

その答えは、
「雑草はなんで強いのか?」を考えてみたら分かる気がする。

僕が思うに、雑草の強さの秘密は、
「芽吹いて、生えてきたから。」
それだけやと思う。

つまり、何千、何万もの種の中から、「発芽」と言う奇跡を起こしたヤツらやから。

風に飛ばされ、雨に流され、アスファルトの隙間の土に、運良くたどり着いたとしても、そこから芽を出さへん種も、数えきれんくらいあるやろう。
たまたま着地した、ほんの小さな隙間に、適した土があり、必要なだけの水分や日光など様々な条件が重なって、奇跡的に生えてきた「選ばれし者」。それが雑草。


でも、よくよく考えてみると、それって僕ら1人ひとり同じよなぁ。
なんか知らんけど、オカンとオトンが出会って、何億もの種から、奇跡的に生まれてきたヤツら。それが僕ら1人ひとり。

だから、あの雑草が特別強い訳じゃなくて、ピッチャー上原浩治だけが持ってるものでもなくて、一人ひとりが「雑草魂」を持って生まれてきてるんやと思う。

強くあろうとか、メンタルを鍛えようなんてせんでも、生きてるだけで十分強い、そう思う。