メェ一を聞いて10を知る

「一を聞いて十を知る」

というのは、どこまでいっても想像の域やと思う。

相手のことを知っているいう予備知識があり、かつ、思いやりという想像力のある人がなせるウルトラCの技やろう。

それに対し、僕みたいな凡人が陥りがちなのが、「一を聞いて十を返す」だ。

相手の為、というメッキをあしらった自己満足で、あれもこれも言いたくなる。
枝葉が多すぎて、もう幹がどこなのか分からない。

そうならない為にも、「一をしっかり聴く」を心がけたい。

「メェー」はしっかり聴いても分からんから、そんな目で見つめないで。。